HOME > このような症状の方へ > 片頭痛

片頭痛

こんな症状があったらご相談ください

・こめかみのあたりが痛い。
・「ガンガン」や「ズキズキ」と脈打つような痛みが続く。
・週に1~2回は頭痛がする。
・1~2時間以上痛みが続き、吐き気やひどい時は嘔吐することもある。
・頭痛の為、仕事や勉強、家事に手がつかなくなってしまう。
・頭痛が原因で寝込んでしまう。
・頭痛が発作のように起きて、頭と傾けたり、姿勢を変えるだけでも痛みが増す。
・テレビの音や話声なども頭に響いてしまう。
・明るい場所や蛍光灯の光をみても痛みが増す。

片頭痛の原因

片頭痛

片頭痛に悩まされている日本人はとても多く約3,000万人はいるといわれています。
頭痛には病気による頭痛と慢性的な頭痛があります。また、二日酔いや、かき氷などの冷たいものを食べた時に頭が痛くなる生体反応などがあります。生体反応は誰にでも起こる反応なので、どこが悪いというわけではありません。
また、病気が原因の頭痛は命に関わることもありますので、早期発見、早期治療がとても重要です。

片頭痛はどういうものかというと痛みの出方や原因は人によって様々なのですが、緊張やストレスにより血管が拡張し、周囲の神経が引っ張られて片頭痛が発生します。睡眠不足や生活リズムの乱れ原因になります。
女性であれば女性ホルモンのバランスが影響して片頭痛を起こす場合もあります。
これらの要因が自律神経に影響して、血管の収縮・拡張のリズムが乱れで片頭痛を引き起こすのです。

片頭痛への効果

片頭痛は自律神経のバランスが乱れ、交感神経が副交感神経より優位になることでおこります。めまい不眠症などの症状があわせて表れます。従来、自律神経は観念的に捉えられており、バランスのコントロールが難しいものと考えられてきました。
しかし、当院の無重力治療(S&Dバランス調整法)はこの常識に捕われず大きく改善します。
無重力による「脱力」・リラックスが、副交感神経を優位状態にし、症状の改善につながります。

片頭痛のお悩みお聞かせ下さい。
片頭痛のお悩みお聞かせ下さい。

偏頭痛の特徴として、脈拍にあわせてこめかみがズキンズキン痛む、痛みによって吐き気まで催すなどがあります。身体を動かすと痛みが増すなどの症状もみられます。肩こり・頸部のこりが片頭痛を引き起こすことが多くあります。
痛み酷い時にのみ薬を服用するという患者様が片頭痛に悩まれている方に多く見られます。しかし、頭痛薬などの薬に頼ってしまうと、痛み止めが効かなくなってしまうことがあります。
痛くなった時のみの対処療法ではなく、頭痛の原因からしっかりと改善させましょう。
片頭痛のお悩みは無重力の治療を専門としている当院までお気軽にご相談ください。

患者様の声(30代女性)

「10年間悩み続けた頭痛とお別れできました!」
10年前から緊張すると頭が痛くなることが時々ありました。5年ほど前から頻度が多くなり、緊張していない時も頭痛が起きてしまうようになってしまいました。色々な頭痛薬も試しましたが、徐々に頭痛薬が効かなくなってしまいました。
近くの内科にいっても痛み止めが処方されるだけで、症状の改善には繋がりませんでした。
こんな状態が続いている中で、福田先生に治療して頂き「交感神経が優位になってしまっているので、副交感神経を活発にしてあげましょう」と言われ、無重力の治療をして頂きました。
治療をして頂くとひどかった頭痛と目の奥の痛みはなくなっていました。
治療を続けると片頭痛の予防にもなるとのことだったので、1ヶ月に2回、2ヶ月に1回と定期的に通院するようにしました。
今は月に一度の通院ですが、全く頭痛もしなくなりました。
このまま頭痛と完全にさようならできればいいなとおもっています。

患者様の声B(40代男性)

「痛みを我慢するだけの毎日から解放されました」
初めて片頭痛に悩んだのは25才の時でした。毎日、起きると左側のこめかみがズキズキと痛み、その度に痛みでなかなか動けないなどが続きました。脳神経外科で検査をしましたが、「片頭痛」と診断されましたが、鎮痛剤を処方されただけで頭痛は治りませんでした。酷い時は頭痛だけでなく、吐き気もし、目の奥を締め付けられるような痛みを耐えることしか出来ませんでした。
脳神経外科では「群発頭痛」とより専門的な病名を教えて頂けましたが、症状の改善はありませんでした。
友人から、ウェルネスクリニカルさんのことを聞き、通院してみると、リラックスできていないのが原因だと言われ驚きましたが、「この痛みから解放されるなら」と希望が持てました。
実際の治療は寝ているだけなのでとても楽ですし、痛い治療を我慢する必要もないので更に驚きです。
今は我慢するしかないと思っていた頭痛も起きなくなくなり、本当に充実した毎日を過ごせています。

治療方法についてはこちら

当院へのアクセス

横浜市港北区綱島東1-1-20 冨貴楼ビル2F
[大きな地図で見る]

綱島駅前徒歩0分 60分駐車利用無料券配布 電話番号:045-834-4012

■受付時間
平日:9:00~12:30 / 15:00~20:00
土日祝:9:00~17:00